2005.07.20

富山化学の認知症治療薬が米国で臨床試験開始 動物実験で有望結果相次ぐ

 富山化学工業は7月20日、アルツハイマー型認知症治療薬「T-817MA」の米国でのフェーズ1臨床試験を開始したと発表した。

 富山化学は、神経細胞保護作用と神経突起進展促進作用を持つ化合物「T-588」を既に開発し、英国で実施したフェーズ2a試験で有望な結果を得ている。「T-817MA」は、「T-588」の神経細胞死抑制作用を強力にした化合物。

 アミロイドβたんぱく質を脳室内に注入して神経細胞を損傷させ、認知機能障害となったラットに、「T-817MA」を2.5週間投与すると、健康なラットと同程度の機能を維持し、進行抑制効果が確認されたという。さらに、別の動物実験でアミロイドβたんぱく質を8週間注入し、より傷害の程度を重くしたラットに「T-817MA」を4週間投与したところ、認知機能が健康なラットと同程度にまで回復し、その後、1週間休薬しても薬剤の効果が持続していたという。また、神経突起の伸展を促進する活性もあるとしている。

 富山化学は、今後、2006年第4四半期に米国でフェーズ2試験を開始する計画だが、日本における開発は未定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  2. 4通りのeGFR計算式の精度を検証する JAMA Intern Med誌から
  3. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  4. 手指、足関節、橈骨遠位端の骨折はどう固定? AntaaQAピックアップ
  5. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  6. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 日本プライマリ・ケア連合学会が総合医育成プログラ… 学会トピック◎第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  8. リラックスを誘う「幸せ吐息」をマスターしよう 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  9. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  10. 口唇創の縫合、細い糸で密に?太い糸で寄せる? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正