日経メディカルのロゴ画像

2005.07.19

欧州製薬団体連合会が国内で記者会見 薬価など日本での事業展開上の課題を指摘

 欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)は7月19日に記者会見を開催、日本で事業展開していく上での4件の課題を指摘した。治験環境のさらなる整備、治験相談と承認審査業務の効率化、薬の価値に見合った薬価、知的財産保護の4件で、それぞれの課題に関して、要望や希望を明らかにした。

 EFPIA Japanは、特に薬価については、イノベーションが正当に評価され、新薬の価値に見合った薬価が付与されることが不可欠であるとした。また、新薬については、後発品が収載されるまでの期間、薬価改定がない新しい制度の構築を希望するとした。さらに、医療現場で高く評価された結果として、市場が大きくなった有用な医薬品の薬価が下げられる市場拡大再算定という制度は、きわめて不合理であり、廃止を要望するとしている。薬価制度については、いくつかの具体的な提言を検討しており、7月27日に予定されている中医協薬価専門部会での意見陳述の場で、詳細を明らかにするとしている。

 また治験に関しては、どういう条件が整えば国際治験に入ると認められるのか、当局と話し合いを進めていく方針を明らかにした。(横山勇生)