2005.07.19

三共、新メカニズムの経口糖尿病治療薬「CS-917」の臨床試験を再開 

 三共は7月19日、今年3月に一部試験を中断した経口糖尿病治療薬「CS-917」のフェーズ2臨床試験を再開するための準備に入ったと発表した。

 「CS-917」は、肝臓での糖新生系に関与するフルクトース−1,6−ビスホスファターゼを選択的に阻害することでグルコース産生を抑制し、高血糖を改善する全く新しい作用機構を持つ糖新生阻害剤。米Metabasis社から導入して、三共が臨床開発を進めてきた。

 2004年末からフェーズ2試験を開始し、4本の臨床試験が行われていた。そのうち、メトフォルミンとの薬物相互作用試験で、乳酸アシドーシスが発生した。併用薬であるメトフォルミンに、乳酸アシドーシスと関連性があることが以前に報告されていることもあったことから、フェーズ2試験を中断していた。

 しかし、その後この乳酸アシドーシスに関するデータを詳細に調査してきた結果と外部の医学専門家の見解に基づいて、2005年中を目途に試験の再開を決定したもの。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 69歳男性、失神 日経メディクイズ●心電図
  2. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  3. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  4. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  5. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  6. 1歳10カ月男児。食物アレルギー精査 日経メディクイズ●小児
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  9. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  10. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
医師と医学研究者におすすめの英文校正