2005.07.15

中外、タミフル効果で大幅増収増益

 中外製薬は7月14日、2005年12月期中間決算速報を発表、大幅な増収増益を達成したことを明らかにした。これは、抗インフルエンザ薬「タミフル」の大幅売り上げ増が貢献したものだ。売上高は172億円増(12.1%増)の1592億円、経常利益は190億円増(80.8%増)の427億円となった。

 「タミフル」の売り上げ増は、2月から3月にかけてインフルエンザの大流行があったため。前年同期の売上高が72億円であったものが3倍以上となる232億円となった。同社の製品では332億円を売り上げたエリスロポエチン製剤「エポジン」に次ぐ売り上げとなった。なお経常利益の増加には経費の効率化も反映している。

 同社の中間決算は8月4日に発表される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正