2005.07.15

中外、タミフル効果で大幅増収増益

 中外製薬は7月14日、2005年12月期中間決算速報を発表、大幅な増収増益を達成したことを明らかにした。これは、抗インフルエンザ薬「タミフル」の大幅売り上げ増が貢献したものだ。売上高は172億円増(12.1%増)の1592億円、経常利益は190億円増(80.8%増)の427億円となった。

 「タミフル」の売り上げ増は、2月から3月にかけてインフルエンザの大流行があったため。前年同期の売上高が72億円であったものが3倍以上となる232億円となった。同社の製品では332億円を売り上げたエリスロポエチン製剤「エポジン」に次ぐ売り上げとなった。なお経常利益の増加には経費の効率化も反映している。

 同社の中間決算は8月4日に発表される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正