2005.07.14

Bayer社、Onyx社、期待のマルチキナーゼ阻害型抗がん剤ソラフェニブを腎がん対象に米で申請

 米Bayer Pharmaceuticals社と米Onyx Pharmaceuticals 社は7月11日、腫瘍細胞と腫瘍血管系におけるセリン/スレオニンキナーゼと受容体型チロシンキナーゼの両方を標的とする初の経口マルチキナーゼ阻害剤ソラフェニブの承認申請を米国で行ったと発表した。進行性腎細胞がんを対象に申請したもので、RAFキナーゼ、VEGFR-2、VEGF-R3、PDGFR-β、KIT、FLT-3、RETが含まれるがんで重要な役割を果たしているキナーゼ群を標的としている。

 先日開催された米国臨床がん学会(ASCO)で、フェーズ3臨床試験の結果が発表されている。全身投与の薬剤による治療が無効だった900人以上の進行性腎細胞患者を対象にした臨床試験で、画像診断による評価で、無増悪生存期間がプラセボ投与群の中央値が12週間であったのに対して、ソラフェニブ投与群では24週間に延長できた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 1歳10カ月男児。食物アレルギー精査 日経メディクイズ●小児
  2. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  3. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  4. SNRI:サインバルタがシェア9割の断トツ人気 NMO処方サーベイ
  5. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  6. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  7. 第二の人生、「働きたいと思える病院」の探し方 キャリアお悩み相談室
  8. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  9. どうなっている?メソトレキセートの供給不足 米国向け製剤を緊急輸入
  10. 渡航歴あり発熱患者で注意すべき3疾患と検査法 カンファで学ぶ臨床推論
医師と医学研究者におすすめの英文校正