2005.07.13

【データを読む】 医療事故の報告件数、3月末現在で533件

 厚生労働省が進めている医療事故情報収集事業では、2004年10月以降2005年3月末までに、533件の報告があった。そのうち、事故の程度をみると、死亡例が83件、障害が残る可能性が高い例が74件、障害が残る可能性が低い例が254件などだった。

 医療事故情報収集事業は、国が進める医療安全対策の一環として2004年10月からスタート。報告義務のある医療機関を指定し、医療事故が発生した場合に、発生日から原則2週間以内に報告することを義務付けている。報告義務のある医療機関数は、3月末現在で276機関で、国立高度専門医療センターをはじめ、国立ハンセン病療養所、独立行政法人国立病院機構が開設する病院、大学病院本院及び特定機能病院などが含まれる。収集は、医療機能評価機構が担当している。

 4月15日付けで公表された「医療事故情報収集等事業」の第1回報告書によると、533件の発生場所の分析では、病室が241件で突出していた。次に多いのは、手術室の77件で、病室がいかに多いかが分かる。このほかでは、トイレが25件、ICUが14件、廊下が13件、放射線撮影室が12件などとなっている(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:577
  2. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:57
  3. てんかん発作を感知し抑制するデバイス普及へ トレンド◎てんかんやパーキンソン病を電気刺激で治療 FBシェア数:160
  4. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  5. 飲酒量を減らす新薬セリンクロ、どう使う? トレンド◎治療目標に「飲酒量の低減」が加わったアルコール依存症治療 FBシェア数:17
  6. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:41
  7. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:374
  8. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:75
  9. 喘息の増悪で入院した患者に抗菌薬は無駄 JAMA Intern Med誌から FBシェア数:64
  10. 開業するのは誰のため?自分?それとも患者? 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正