2005.07.11

大正製薬と養命酒製造が提携へ、商品・市場での相互補完狙う

 大衆薬最大手の大正製薬と、薬用酒最大手の養命酒製造は7月11日、資本提携を含めた業務提携を行うことで合意、同日発表した。大正製薬が養命酒製造の発行済み株式総数の6.6%を取得して筆頭株主になるほか、養命酒製造も大正製薬の株式を取得する。また、両社合同の委員会を設置し、業務提携の中身を具体的に検討していく。

 両社は、セルフメディケーションの普及や大衆薬市場の縮小、規制緩和などによる事業環境の変化に対応するためには、医薬品と食品の垣根を越えて競争力をつけることが必要と考え、業務提携に踏み切ったとしている。具体的には、新商品の共同開発、生薬技術を生かした市場開拓、中国市場への進出などが挙がっている。

 大正製薬の2005年3月期決算は、売上高・経常利益とも前期比で減少しており、養命酒製造も、2003年3月期から3回続けて減収の決算が続いている。こうした状況の中、ドリンク剤やOTC薬で幅広い顧客層を持つ大正と、生薬技術に強みを持ち女性・中高年層が顧客の中心を占めている養命酒の組み合わせは、商品とマーケットの両面で相互補完作用が働くことが期待できる。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 85歳男性。腹部膨満 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
  2. 85歳男性。腹部膨満 日経メディクイズ●腹部X線
  3. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  4. かかりつけ医機能の在り方を議論 シリーズ◎2020診療報酬改定
  5. 2カ月男児。前胸部の鱗屑を伴う環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚
  6. 公立・公的病院の機能改革、形式的な対応多く 地域医療構想に関するワーキンググループ
  7. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  8. よく分かる「民間療法に頼ろうとする心理」 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  9. トルリシティの重大な副作用に重度の下痢、嘔吐が追… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  10. ウルティブロ、カラカラ音の「吸えた感」が好評 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正