2005.07.11

大阪府福祉人材センター、「福祉の就職総合フェア2005 in Osaka」を開催

 大阪府福祉人材センターは7月16日、「福祉の就職総合フェア2005 in Osaka」を開催する。社会福祉分野での就・転職希望者、進路を考えている学生、学校の進路指導担当教員など5000人規模の参加を見込んでいる。参加料は無料。
 
 当日は、求人施設と求職者が直接面談できる個別面談コーナーを設置。高齢者、障害者、児童施設の指導員や介護職員、看護職員など約2000人の求人内容について説明し、また来場者の質問にも答える。

 このほか、福祉分野の仕事や資格についての相談・情報提供を行う相談コーナーをはじめ、中高齢者、障害者、母子家庭等就労相談コーナー、ボランティア相談コーナーなども用意する。

 日時は、7月16日(土)正午〜午後5時。会場は、大阪府立体育会館第1競技場・多目的ホールA〜D(大阪市浪速区難波中3-4-36)。

 参加方法は、随時入場が可能で、予約は不要。

 問い合わせ先は、大阪府福祉人材センター(TEL:06-6762-9020、FAX06-6764-1574、〒543-0065 大阪市中央区中寺1-1-54 大阪社会福祉指導センター1階)。

 大阪府の発表資料はこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  3. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  4. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  5. 爪が少しずつ剥離していくんですが… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべ… インタビュー◎透析医学会の提言の背景にあるもの
  7. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 複数医師で外来、在宅をスムーズに回すコツは? 診療所経営駆け込み寺
  10. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正