2005.07.11

米国各州で職場やレストランでの喫煙規制進む、7州が民間企業職場で全面禁煙に

 米国各州では、1998年から2004年にかけて、職場やレストラン、バーでの禁煙規制が着実に進んできている。これは、米国疾病対策センター(CDC)が7月8日、同センターが発行している感染症週報(MMWR:Morbidity and Mortality Weekly Report)誌の中で明らかにしたもの。民間企業の職場を全面的に禁煙としていたのは、1998年にはメリーランド州だけだったが、2004年の時点では、ニューヨーク州やマサチューセッツ州、デラウエア州、フロリダ州など6州が加わった。

 CDCによると、全米で、受動喫煙が原因と考えられる非喫煙者の心臓病による死亡は年間3万5000人、肺癌による死亡は3000人に上ると推定されている。CDCでは、受動喫煙の主な原因と考えられる職場と、そこで働く人にとって受動喫煙を強いられるレストランやバーについて、各州の喫煙規制の現状を調べた。

 1998年から2004年にかけて、民間企業職場の喫煙規制を強化したのは10州、レストランでは9州、バーでは5州だった。また、民間企業職場で換気のある別室を職員休憩喫煙室として設け、それ以外の場所は禁煙としたのは、1998年時点ではカリフォルニア州のみだったが、2004年までにはコネチカット州とオレゴン州が加わった。一方、民間職場における喫煙規制がない州は、1998年の29州から、2004年の23州に減っている。

 レストランについて見てみると、1998年にすべて禁煙とした州はユタ州とバーモント州だったが、2004年までにニューヨーク州、マサチューセッツ州、メイン州、デラウエア州、フロリダ州などの6州が加わった。また換気のある別室を職員休憩喫煙室として設け、それ以外の場所は禁煙としたのは、1998年時点ではカリフォルニア州のみだったが、2004年までにはコネチカット州が加わった。分煙を規制または許可しているのは、1998年には22州だったが、2004年までには新たに2州が加わり、また7州がより強い規制をしいた。なお、レストランでの喫煙について規制のない州は、1998年の21州から、2004年の19州にわずかに減少した。

 バーについて、すべて禁煙とした州は1998年時点ではなかったが、2004年までには、ニューヨーク州、マサチューセッツ州など4州となった。なおバーについては喫煙規制が遅れているが、無規制の州は1998年の48州から2004年の43州に減ってきている。

 民間企業職場とレストラン、バーのすべてで禁煙をしているのは、2004年までにデラウエア州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州の3州になった。一方、これらいずれの場所でも全く規制をしていないのは、1998年には19州、2004年には16州あることがわかった。

 詳しくは、MMWR誌、http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5426a1.htmまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:488
  2. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:193
  3. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:108
  4. ディレグラ処方の査定にご注意を! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:50
  5. 「病院を大津波が襲った日」を今改めて読む意味 記者の眼 FBシェア数:47
  6. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:24
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その2) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  8. マニキュアを取ったら爪が緑色に!? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:10
  9. 高齢者の尿路感染症には速やかな抗菌薬が有効 BMJ誌から FBシェア数:63
  10. 世界初、iPS細胞による脊髄損傷の臨床研究開始 インタビュー◎iPS細胞由来の神経幹細胞移植で機能改善を目指す FBシェア数:181
医師と医学研究者におすすめの英文校正