2005.07.10

ロシュ社長、日本のテーラーメード医療が遅れる可能性に危機感を表明

 日本で最も多くの遺伝子検査薬を供給しているロシュ・ダイアグノスティックス社長の小川渉氏はこのほどインタビューに応じ、健康保険で遺伝子検査を認めるのか、患者のインフォームドコンセントはどうするのか、倫理的な側面をどう扱うかなど、遺伝子検査の普及のためには多くの問題が残っていることを指摘した。

 そして、メーカー単独あるいは遺伝子検査に注力している数社が集まってこれらの問題解決にあたろうと思っても不十分であり、このままでは日本のテーラーメード医療は遅れてしまうという危機感を持っていることを表明した。行政、学会、患者団体、医療の供給側と支払い側、メーカー、検査実施企業などが集まって、テーラーメード医療やそれを診断面で支える遺伝子検査に対する国民的なコンセンサスづくりを急がなければならないと指摘した。

 ロシュは感染症の遺伝子検査薬を中心に年間140億円強を売り上げている。最近はDNAチップを利用した検査薬の開発も促進させている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正