2005.07.08

【更新】タカナシ、血糖上昇を抑えるヨーグルトを発売 デザートを控えている人に訴求

 糖尿病とその予備軍は成人の6人に1人。子供の糖尿病も増えている。血糖値は食後に急に高くなるが、これを低めにコントロールできる成分の一つが、水溶性の食物繊維である難消化性デキストリン。

 タカナシ乳業(横浜市)は、トウモロコシ由来の難消化性デキストリンを固形ヨーグルトに含有させた「サポートヨーグルト」を開発。「血糖値が気になる方へ」という特定保健用食品(トクホ)の表示許可を得て、7月11日に全国で発売する。

 血糖値を抑制する効果は、健康な成人男女21人で検証した。

 同じ内容の食事を食べ、そのとき難消化性デキストリン入りヨーグルト(サポートヨーグルト)を食べたときと、普通のヨーグルトを食べたときの食後の血糖値を比較した。
 その結果、難消化性デキストリン入りヨーグルト摂取後は食後30分の血糖値が平均145mg/dLだったが、普通のヨーグルトでは158mg/dLまで上昇し、有意差があった。血糖上昇抑制の効果は、120分後まで確認できたという。

 試験を行ったタカナシ乳業研究開発部商品研究所の何 方(か・ほう)マネジャー(農学博士)は、「これまでに報告された難消化性デキストリンの血糖上昇抑制作用は、60分後までのものが多い。サポートヨーグルトでは120分後まで効果が続くことを確認した」と話す。血糖値の上昇を抑えたい人は、食事のときやデザートとして、このヨーグルトを食べるといいだろう。

 血糖値の上昇を抑えるトクホはこれまで、難消化性デキストリンを配合したお茶飲料が中心だった。血糖値を上げにくいヨーグルトは、血糖値を気にしてデザートを控えていた人などに訴求したい考え。

 なお、ヨーグルトはおなかの調子を整える整腸効果でトクホを取っているものが多いが、サポートヨーグルトは固形ヨーグルトとしては血糖上昇を抑える初めてのトクホ。乳酸菌にはプロバイオティクスLGG菌を使用している。ちなみに、同社にはLGG菌の入った整腸効果のあるトクホヨーグルトもある。

 「サポートヨーグルト」は砂糖不使用の低脂肪タイプで、1カップ(100g)に難消化性デキストリン6gを含む。価格は110円で、全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで販売する。通販(18個、1980円送料別)でも対応する。(黒住紗織、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1303
  2. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 定年後の医師が気持ちよく働いてくれています シリーズ◎何でもPros Cons【医師のキャリア、どっちがいい?】 FBシェア数:35
  4. 第108回看護師国家試験、合格率は89.3% 5万6767人の新看護師が誕生、うち大卒は2万382人 FBシェア数:318
  5. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:44
  6. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:90
  7. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:107
  8. 外科医の自分を支える三階部分の認定医資格 シリーズ◎何でもPros Cons【専門医資格、どれくらい取得する?】 FBシェア数:11
  9. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:4
  10. 「学位は役に立たないから不要」はみみっちい? シリーズ◎何でもPros Cons【学位って取るべき?】 FBシェア数:23
医師と医学研究者におすすめの英文校正