2005.07.06

大正、Lilly社に2型糖尿病治療薬の開発・販売権をライセンス 

 大正製薬は7月6日、開発中の2型糖尿病治療薬「TS-021」の日本と中国を除く全世界での独占的な開発・販売権を米Eli Lilly社にライセンスすると発表した。

 「TS-021」は現在国内でフェーズ1試験の段階。近年、新しい糖尿病治療薬として注目が集まっているジペプチジルペプチダーゼIV阻害剤だ。ジペプチジルペプチダーゼIVは、内因性のインスリン分泌促進物質であるグルカゴン様ペプチド(GLP-1)の分解酵素であり、その阻害剤はインスリン分泌を促進することで、血糖値を低下させると考えられている。薬剤の特徴など詳細は明らかにされていないが、Lilly社が導入したことは、競争が激しいジペプチジルペプチダーゼIV阻害剤の中でも、有望な化合物である可能性を示していると言えそうだ。

 大正製薬は日本と中国における開発・販売権に加え、全世界における開発用、商業用原薬の製造の権利を確保する。さらに、大正製薬は米国と海外の一部の国において、Lilly社と共同で販売促進活動を行うオプション権も保有する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  2. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  3. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  4. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  6. 「ディズニーストラテジー」を試してみませんか 診療所マネジメント実践記
  7. 離乳とアレルギーの関係は? 気になる改定「ガイド… リポート◎「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定
  8. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
  9. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  10. [file001]とにかくよく休む男性 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
医師と医学研究者におすすめの英文校正