2005.07.06

大正、Lilly社に2型糖尿病治療薬の開発・販売権をライセンス 

 大正製薬は7月6日、開発中の2型糖尿病治療薬「TS-021」の日本と中国を除く全世界での独占的な開発・販売権を米Eli Lilly社にライセンスすると発表した。

 「TS-021」は現在国内でフェーズ1試験の段階。近年、新しい糖尿病治療薬として注目が集まっているジペプチジルペプチダーゼIV阻害剤だ。ジペプチジルペプチダーゼIVは、内因性のインスリン分泌促進物質であるグルカゴン様ペプチド(GLP-1)の分解酵素であり、その阻害剤はインスリン分泌を促進することで、血糖値を低下させると考えられている。薬剤の特徴など詳細は明らかにされていないが、Lilly社が導入したことは、競争が激しいジペプチジルペプチダーゼIV阻害剤の中でも、有望な化合物である可能性を示していると言えそうだ。

 大正製薬は日本と中国における開発・販売権に加え、全世界における開発用、商業用原薬の製造の権利を確保する。さらに、大正製薬は米国と海外の一部の国において、Lilly社と共同で販売促進活動を行うオプション権も保有する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正