2005.07.05

子宮頸がんとの関連が示唆されるHPVの遺伝子検査キット ロシュ・ダイアが年内にも臨床検査薬の治験開始

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、遺伝子型によって子宮頸がんとの関連が示唆されているヒトパピローマウイルス(HPV)遺伝子を検出するキットの開発を国内で進めている。現在、高リスクな13種類の遺伝子型のHPVの有無を調べるマイクロ・プレート型製品の臨床試験を準備している。さらに、高リスクと低リスクの遺伝子型37種類のHPVを判別できる製品を研究用試薬で発売する準備も進めている。

 HPVには、複数の亜型があることが知られており、そのうちの特定の型が発がんの危険性に関連することが明らかになっている。子宮頸がん患者の99%以上から危険性が高い亜型が見つかっているという報告がある。さらに、わが国でも若年層を中心にHPVの感染者が急増しているという報告もあり、HPVの遺伝子型を決定する検査薬は、今後ニーズが高まると考えられている。

 しかし、HPVの検査薬は、子宮頸がんの危険性を判断することになる。そのため、健康診断での利用が想定されるが、健康保険が利用できるかは不確かだ。わが国では、HPVの遺伝子検査薬で保険適用が可能になったものはない。

 ロシュの高リスクと低リスクの遺伝子型37種類のHPVを検出するキットは、ライン上に並べたDNAプローブを使って型を決定するもの。この製品は今年6月末に欧州で体外診断薬として販売認可を獲得している。日米欧で販売認可を獲得したのは初めてだ。高リスクな13種類を検出するキットは、既に海外で販売している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正