2005.07.04

パソコンで健康管理できる電子血圧計、シチズン・システムズが発売

 シチズン・システムズは7月4日、パソコンで日々の健康管理ができる「パーソナルドクター」システムを開発したと発表した。測定した健康情報は無線で自動送信する方式なので、装置の接続などの面倒な操作がいらないのが特徴。

 第1弾として、パソコン上で動作する健康管理ソフトと受信ユニットを組み合わせた「パーソナルドクター受信キット『HA-200RK』」、専用通信カートリッジ「HA-100TX」、電子血圧計「CH-425P」を7月8日に発売する。価格は、受信キットHA-200RKが1万2075円(税込み)、通信カートリッジHA-100TXが3675円(税込み)、電子血圧計はオープン価格としている。

 パーソナルドクター・ソフトは、測定データを通信ユニット経由で自動伝送できるほか、問診情報や、体重、歩数、体脂肪率などを手動で入力でき、総合的な自己管理が可能だ。受信ユニットは、パソコンのUSBポートに装着する方式。障害物がない室内で最大8m程度のワイヤレス通信が可能。

 電子血圧計を健康管理システムに接続するには、専用通信カートリッジを装着する。単体でも利用でき、4人までの1回分(最高血圧、最低血圧)の測定結果を保存できる。加圧値は4段階に設定できるので、年齢を問わず利用可能だ。

 シチズン・システムズはシチズン時計の連結子会社。プレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 話題の新規心不全治療薬ARNI、日本上陸へ トレンド◎ネプリライシン阻害薬が国内承認申請
  2. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  3. 「セカンドインパクト」にご注意 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. いつも笑顔で真面目な女性が職場で突然泣き出したら 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  5. 寿司を食べた翌日の心窩部痛、正しい診断は? 診断エラー学のすすめ
  6. 開業前、看護師からの要求で思わぬ出費が! その開業、本当に大丈夫ですか?
  7. デング熱国内感染2例を発表、関西で感染か 海外渡航歴がない10歳代の男女が発症、東京都が発表
  8. 眼の奥の激痛、群発頭痛以外で見落としNGは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  9. ゾフルーザ、小児は「慎重投与」、学会が提言へ インフルエンザ診療Next:トピックス
  10. 続いていく線路のポイントの上で テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
医師と医学研究者におすすめの英文校正