2005.07.04

パソコンで健康管理できる電子血圧計、シチズン・システムズが発売

 シチズン・システムズは7月4日、パソコンで日々の健康管理ができる「パーソナルドクター」システムを開発したと発表した。測定した健康情報は無線で自動送信する方式なので、装置の接続などの面倒な操作がいらないのが特徴。

 第1弾として、パソコン上で動作する健康管理ソフトと受信ユニットを組み合わせた「パーソナルドクター受信キット『HA-200RK』」、専用通信カートリッジ「HA-100TX」、電子血圧計「CH-425P」を7月8日に発売する。価格は、受信キットHA-200RKが1万2075円(税込み)、通信カートリッジHA-100TXが3675円(税込み)、電子血圧計はオープン価格としている。

 パーソナルドクター・ソフトは、測定データを通信ユニット経由で自動伝送できるほか、問診情報や、体重、歩数、体脂肪率などを手動で入力でき、総合的な自己管理が可能だ。受信ユニットは、パソコンのUSBポートに装着する方式。障害物がない室内で最大8m程度のワイヤレス通信が可能。

 電子血圧計を健康管理システムに接続するには、専用通信カートリッジを装着する。単体でも利用でき、4人までの1回分(最高血圧、最低血圧)の測定結果を保存できる。加圧値は4段階に設定できるので、年齢を問わず利用可能だ。

 シチズン・システムズはシチズン時計の連結子会社。プレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正