2005.06.28

味の素、アミノ酸の「グリシン」に睡眠の質を高める効果を確認

 味の素は6月28日、アミノ酸の「グリシン」に「すっきり起床できない」「日中眠い」「作業効率が上がらない」といった状態の改善や、深い眠りへのすみやかに移行を促す効果など、「睡眠の質」を改善する作用を持つことが明らかになったと発表した。

 研究では、日常の睡眠に問題を感じている男女44人のうち、「起床時も眠い」「寝ても疲労が取れない」「熟眠感がない」のいずれかの項目をほぼ毎日問題を感じている21人に対し、就寝30分前にグリシン3gを摂取してもらったところ、翌朝の疲労感や全般的気分の向上が認められたという。

 次に睡眠に問題のない男性7人に対して、通常の睡眠時間の75%程度まで睡眠時間を制限した睡眠不足状態で、就寝前にグリシンを摂取してもらったところ、「日中の疲労感」「ねむけ」が軽減されていた。さらに、パソコンを用いた作業効率試験でも作業効率の向上を確認された。

 また、東京慈恵会医科大学および太田睡眠科学センターの協力で、睡眠中の脳波測定を行った。睡眠に問題を感じている男女11人にグリシンを摂取させたところ、就寝後、ノンレム睡眠のなかの深い睡眠ステージである徐波睡眠に達するまでの時間が短縮することがわかった。これによりグリシンには深い眠りをすみやかに導くことが示された。

 この件に関するプレスリリースはこちらから入手できる。味の素は、グリシンが睡眠の質に与える効果について、2004年9月に第1報を発表している(当時のプレスリリースはこちら)。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正