日経メディカルのロゴ画像

2005.06.27

トリインフルエンザ感染養鶏場の鶏肉・鶏卵、食品安全委は「安全」

 トリインフルエンザが発生した茨城県水海道市の養鶏場などから既に出荷された鶏卵や鶏肉の安全性について、食品安全委員会は6月27日、食品安全委員会委員長の談話として、「鶏肉や鶏卵を食べることによって、トリインフルエンザがヒトに感染した例は、世界的に報告がなく、現在のところ、安全」とする発表した。

 同委員会によれば、仮にトリインフルエンザウイルスに汚染された食品を食べたとしても、(1)ウイルスは胃酸で不活化される可能性が高い、(2)ウイルスが細胞に入り込む際に結合する受容体がヒトとトリで異なる、ことから、ヒトが感染する可能性が低く、さらに、(3)ウイルスは通常の調理の温度で簡単に死滅するため、加熱すればさらに安全性が高まる、などとしている。

 食品安全委員会の発表はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


特集:拡大が懸念されるトリインフルエンザ