2005.06.27

茨城県でトリインフルエンザが発生、約2万5000羽殺処分へ

 農水省は6月26日、茨城県水海道市の採卵鶏飼養農場(飼養羽数:約2万5000羽)でトリインフルエンザの発生を確認したと発表した。分離されたのは、H5N2亜型A型インフルエンザウイルスで、2004年に日本で発生したH5N1亜型とは異なっていた。

 発生が確認された採卵鶏飼養農場では、今年の4月ごろから産卵率が低下し、1カ月で最大100羽程度の死亡羽数の増加が確認された。このため、5月下旬に民間の検査施設が農場の飼養鶏について細菌やウイルスの検査を開始した。

 検査の結果、6月24日にA型インフルエンザウイルスを疑うウイルスが分離されたため、翌25日には、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所でウイルスの同定の検査を開始し、26日にH5N2亜型A型インフルエンザウイルスを分離した。

 茨城県は25日、家畜保健衛生所が農場や周辺農場の立入調査を行ったが、現時点でいずれの農場においても臨床的な異常は確認されていないという。

 農水省は、遺伝子解析の結果などから「分離ウイルスは病原性の弱いタイプのもの」としている。

 茨城県は、発生農場の飼養鶏の殺処分を指示し、鶏舎の消毒などを命じる。また、発生農場を中心とした半径5km以内に所在する農場については、清浄性が確認されるまでの期間、飼養鶏などの移動を制限する措置をとる。(三和護、医療局編集委員)

農水省の発表資料はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正