2005.06.24

米カンザス州で今年初のウエストナイル熱患者が発生

 米疾病対策センター(CDC)は6月20日、米国内で今年初のウエストナイル熱患者がカンザス州で発生したことを明らかにした。米国では1999年に最初の感染者が発見されて以来、これまでに1万7000人が発症、このうち650人が死亡するという大きな被害が発生している。

 CDCに先立ってカンザス州保健環境局が6月16日に明らかにしたところによると、患者はカンザス州東部のダグラス郡在住の51歳の男性で5月中旬に感染したと見られる。神経症状は出ておらず、ウエストナイル脳炎・脳症よりも軽症のウエストナイル熱だという。

 他州では感染者は発生していないが、今年に入って既に全米14州でウエストナイルウイルスに感染した鳥、馬、蚊が見つかっており、CDCでは予防を心がけるように呼びかけている。

 米国では、アラスカとハワイの2州を除く全州で感染者が発生している。最大の被害が発生した2003年には9862人が発症し、264人の死者が出た。2004年には発症者が2535人、死亡は98人と減少している。ウエストナイル熱は1999年にニューヨークに上陸した後、西に向かって広がっていった。初の感染者が出た翌年に多数の被害が発生することが経験上知られている。

 ウエストナイルウイルスに感染した場合、米国ではおおむね5人に1人がウエストナイル熱を発症し、約150人に1人が脳炎・脳症を発症し、ときには死に至る。50歳以上、または臓器移植を受けた人では重症化のリスクが高い。現在のところ、ウエストナイル熱に有効な治療薬やワクチンは製品化されていない。

 CDCのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  3. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  4. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  5. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  6. 「HIV内定取消事件」で医療者の取るべき行動とは… 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  8. 受診券を用いた風疹抗体検査数、12万件超えに 39~56歳男性に対する「風疹の追加的対策」開始
  9. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 「HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を」 産婦人科医とともに堀江貴文氏らが訴え
医師と医学研究者におすすめの英文校正