2005.06.24

パラマウントベッド、ユニバーサルデザインの歩行補助器を7月発売

 パラマウントベッドは7月1日、ユニバーサルデザインの歩行補助器「KA-391」(ブレーキなしタイプ、6万9000円)と「KA-392」(写真、ブレーキ付きタイプ、7万9000円、いずれも非課税)を、全国の病院や老人保健施設、特別養護老人ホームなどに向けて発売する。

 開発にあたり、利用者からの聞き取り調査などによって、「レザー部分が破れやすい」「高さ調節が面倒」「収納に困る」「走行音がうるさい」などといった不満が多かったことから、破れやすい部分を樹脂製にしたり、身長に合わせて高さを調節できる機構を採用した。

 KA-391の外形寸法は、長さ732×幅660×高さ966〜1218mm、重さは12.5kg、KA-392は長さ752×幅660×高さ966〜1218mm、重さは13.5kg。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 69歳男性、失神 日経メディクイズ●心電図
  2. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  3. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  4. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  5. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  6. 1歳10カ月男児。食物アレルギー精査 日経メディクイズ●小児
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  9. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  10. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
医師と医学研究者におすすめの英文校正