2005.06.23

【欧州高血圧学会速報】 患者は高血圧治療の失敗をどう考えているか?

 欧州高血圧学会の発表の中で、「患者は高血圧治療の失敗をどう考えているのか?」、というユニークな演題があったので紹介しよう。発表者はフランスの一般内科医(GP)であるStephane Laurent氏らで、同国のGP1372人の協力を得てデータを集めた。

 対象は、2003年から2004年の間に、初期治療で血圧のコントロールがうまくいかず、治療法の変更が必要になった高血圧患者。変更に当たって、主治医であるGPが質問用紙を渡し、患者に記入してもらった上で研究の事務局が回収して集計した。

 調査に協力した高血圧患者3846人の主な属性を見ると、平均血圧160/92mmHg、高脂血症52%、BMI=30以上が19%、糖尿病15%、喫煙者27%、運動不足55%、65歳未満で母親が心血管イベントを起こした人19%、55歳未満で父親が心血管イベントを起こした人18%、となっている。いかにも治療が難渋しそうなプロフィールである。

 回答者全体のうち、「治療の変更にとまどっている」と答えたのは30%で、残りの70%は比較的平静に受け止めている。落ち着いている患者に理由を複数回答で尋ねると、「主治医を信頼しているから」が70%、「最初の薬が常にベストとは限らないから」が41%、「2剤併用の方が単独より効きそうだから」が34%、などとなっている。ちなみに主治医側の予測は、「落ち着いている」27%、「気にしている」64%、「不安を感じている」9%、であった。

 「とまどっている」と回答した患者に複数回答で理由を尋ねると、「自分の高血圧は難治性らしい」が79%と8割を占め、以下、「新しい薬が良いとは限らない」が50%、「2剤併用が単独よりうまくいくとは思えない」24%などの答えが多かった。

 自分の健康に影響を与える要因を患者が選ぶ設問では、「自分自身の行動」が67%、「医学の進歩」が31%、「相談の機会」が13%、という割合だった。

 Laurent氏らはこの結果を踏まえて、「患者は主治医と医学の進歩を信頼しており、治療法の変更にもさほど不安を感じていない。自分自身のライフスタイルの重要性にもちゃんと気づいている」と結論している。(平田尚弘、日経メディカル


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  2. 4通りのeGFR計算式の精度を検証する JAMA Intern Med誌から
  3. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  4. 手指、足関節、橈骨遠位端の骨折はどう固定? AntaaQAピックアップ
  5. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  6. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 日本プライマリ・ケア連合学会が総合医育成プログラ… 学会トピック◎第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  8. リラックスを誘う「幸せ吐息」をマスターしよう 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  9. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  10. 口唇創の縫合、細い糸で密に?太い糸で寄せる? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正