2005.06.22

2006年度採用の看護師、埼玉県が約150人募集

 埼玉県が2006年度採用の看護師を募集している。6月21日には県のホームページでも募集を開始した。採用予定は約150人。

 勤務先は、県立の循環器・呼吸器病センター、がんセンター、小児医療センター、精神医療センター、総合リハビリテーションセンターの5施設。

 受験資格は、1970年4月2日以後に生まれた人で、看護師の免許を持っている人。または、2005年度に実施される国家試験で免許取得が見込まれる人(国籍は問わない)。

 募集受付は、2005年8月15日(月)(消印有効)。第1次選考日は、2005年8月28日(日)で、第2次選考日は、2005年9月10日(土)。第1次選考は適性試験で、第2次選考は作文、適性、人物の各試験からなる。
 
 採用試験に合格した人は2006年4月1日以降、各施設の欠員などに応じて採用される。なお、看護師の免許を持っている人は、2006年4月1日以前に採用されることがある。

 給与は初任給が約26万円(2005年4月1日現在)。これは夜勤手当など調整手当も含む。このほか、扶養手当、住宅手当、通勤手当、期末・勤勉手当などの支給もある。

 勤務体制は、1週40時間(平均)で三交替勤務。夜勤は月8回が原則。年次休暇は年間20日間。

 この件の連絡先は、埼玉県病院局経営管理課(埼玉県病院局経営管理課職員担当 担当:相子氏、岩波氏。TEL:048-830-5983。〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3−15−1)。

 受験案内や履歴書などの記入例は、埼玉県の発表資料からダウンロードできる。(三和護、医療局編集委員)

*埼玉県の発表資料はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正