2005.06.22

アンジェスMG、椎間板変性症治療薬の全世界独占開発・販売権を取得

 アンジェスMGは6月21日、米Rush大学との間でNFκBデコイオリゴ(Nuclear Factor-kappa B decoy oligodeoxynucleotide)に関するライセンス契約を締結、NFκBデコイオリゴを椎間板変性症治療薬として、全世界で独占的に開発、販売する権利を得たと発表した。両者はNFκBデコイオリゴの椎間板変性症治療薬への応用について2004年から共同研究を進め、共同で特許を取得しており、今回のライセンス契約は、特許のRush側の持分に対する支払いを取り決めたもの。

 NFκBは、炎症性サイトカインや接着因子など免疫反応に関する遺伝子の発現を調節する転写因子で、免疫反応が原因となるアトピー性皮膚炎や関節リウマチへの関与が指摘されている。NFκBデコイオリゴは、NFκBが結合するゲノム上の部位と同じ配列の核酸で、NFκBがゲノムに結合するのを阻害する働きを持っており、アトピー性皮膚炎や関節リウマチなどの治療薬として期待されている。

 椎間板変性症は、椎間板が加齢などにより変性し、痛みを感じる疾患。今のところ、消炎鎮痛薬の投与など、症状を緩和する対症療法しかない。椎間板変性症を含む椎間板障害の患者数は日本で34万人いるとされる。

 椎間板が変性する過程では、IL-1やTNF-αなどの炎症性サイトカインやたんぱく分解酵素の関与が指摘されている。NFκBデコイオリゴは、これらのサイトカインや酵素の産生を阻害する。

 この件に関するアンジェスMGのプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正