2005.06.20

臨床試験実施中の国産カプセル内視鏡動画を本邦初公開 さざめく小腸絨毛映し出す鮮明画像に期待高まる

 内視鏡検査といえば、痛みやむかつきなどが避けられないつらい検査。このため、カプセル型の小さな内視鏡を、錠剤のように口から飲み込み、半日ほど普通に過ごすだけで検査が済む「カプセル内視鏡」への関心が高まっている。5月末開催の第69回日本消化器内視鏡学会総会で、オリンパスが開発した国産初のカプセル内視鏡画像が国内では初めて公開された。

 詳細はこちらへ。全文を閲覧するには登録(無料)が必要です。カプセル内視鏡の鮮明な動画像(連続画像)をご覧になれますので、どうぞご利用ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  3. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  4. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  5. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  6. 「HIV内定取消事件」で医療者の取るべき行動とは… 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  8. 受診券を用いた風疹抗体検査数、12万件超えに 39~56歳男性に対する「風疹の追加的対策」開始
  9. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 「HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を」 産婦人科医とともに堀江貴文氏らが訴え
医師と医学研究者におすすめの英文校正