2005.06.17

患者の不満なくします、説明力向上大作戦−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 治療の効果を上げるために、説明と指導をきちんと行うことは、極めて重要だ。不十分な説明・指導は、患者の不満につながるだけでなく、患者離れの原因にもなる。「説明力」を向上させ、患者の不満解消に役立つ、便利なアイテムを紹介する。

 日経メディカル6月号では、「患者の不満なくします、説明力向上大作戦」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

トレンドビュー
・痛や咽頭痛、喘鳴にもGERDを疑え
・消毒薬使わぬ「傷の湿潤療法」広がる
・子宮筋腫を切らずに超音波で焼く新療法
・覚醒下の脳外科手術で麻痺発生を防止
・「DPCは粗診粗療を生まず」は本当か
・医療関連死の徹底解明でモデル事業開始

診療アップデート
 感染症治療を見直す

 詳しくは、日経メディカル6月号(6月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  3. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  4. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  5. 爪が少しずつ剥離していくんですが… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべ… インタビュー◎透析医学会の提言の背景にあるもの
  7. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 複数医師で外来、在宅をスムーズに回すコツは? 診療所経営駆け込み寺
  10. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正