日経メディカルのロゴ画像

2005.06.17

中国新彊ウイグル自治区で肺炎の集団発生か 複数の患者と医療関係者が隔離の情報も

 中国新彊ウイグル自治区で、肺炎の集団発生があったもようだ。米国の科学者組織Federation of American Scientistsが新興感染症をモニタリングするために提供しているProMED-mailが、信頼できる筋からの情報として伝えた。

 それによると、6月15日、ProMED-mail編集部は、新彊ウイグル自治区のTacheng病院で肺炎患者の集団発生があったとの情報を入手した。ウイルス性感染症のため、複数の患者、医療関係者が隔離されているという。ただし、患者についてはインフルエンザではなく、「A群溶連菌の二次感染による大葉性肺炎」と診断されているという。

 Tachengは、6月8日に、OIE (国際獣疫事務局)に対してトリインフルエンザによるガチョウの大量死(460羽)が報告された地区で、ヒトへの感染が懸念されていただけに、本件との関連性が注目される。

 なお、ProMED-mail編集部では、細菌性肺炎患者発生で患者と医療スタッフが隔離されたとする報告は異例と受け止めており、関係者への情報提供を求めている。(三和護、医療局編集委員)