2005.06.17

中国新彊ウイグル自治区で肺炎の集団発生か 複数の患者と医療関係者が隔離の情報も

 中国新彊ウイグル自治区で、肺炎の集団発生があったもようだ。米国の科学者組織Federation of American Scientistsが新興感染症をモニタリングするために提供しているProMED-mailが、信頼できる筋からの情報として伝えた。

 それによると、6月15日、ProMED-mail編集部は、新彊ウイグル自治区のTacheng病院で肺炎患者の集団発生があったとの情報を入手した。ウイルス性感染症のため、複数の患者、医療関係者が隔離されているという。ただし、患者についてはインフルエンザではなく、「A群溶連菌の二次感染による大葉性肺炎」と診断されているという。

 Tachengは、6月8日に、OIE (国際獣疫事務局)に対してトリインフルエンザによるガチョウの大量死(460羽)が報告された地区で、ヒトへの感染が懸念されていただけに、本件との関連性が注目される。

 なお、ProMED-mail編集部では、細菌性肺炎患者発生で患者と医療スタッフが隔離されたとする報告は異例と受け止めており、関係者への情報提供を求めている。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正