日経メディカルのロゴ画像

2005.06.16

【裁かれたカルテ】 PTCAを受けた患者が出血のため死亡 術中に冠動脈を穿孔、医師の過失責任は免れず

 国立病院東京災害医療センター(当時)で心臓血管の閉塞を治療するために経皮経管的冠動脈形成術(PTCA)を受けた患者が、冠動脈の穿孔のため出血し、結局、死亡してしまった。遺族らは、術者である医師に過失があったとし、6000万円余の損害賠償を求め提訴。裁判所は4月末、「術者の過失責任は免れない」と判断し、3600万円余の賠償を認める判決を下した。

 判決は、「手術中、当初見えていた側副血行路が消失しカテーテルが真腔を捉えていない可能性が高いと認識できた」、かつ、「その時点でバルーンをあえて拡張すべき緊急性も乏しかった」と認定。それにもかかわらず、バルーンを拡張し、冠動脈を穿孔して出血を招き、結果として患者が死亡したのは、「術者の過失責任は免れないものと判断せざるを得ない」と結論付けた。

■診療経過(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。