2005.06.16

【裁かれたカルテ】 PTCAを受けた患者が出血のため死亡 術中に冠動脈を穿孔、医師の過失責任は免れず

 国立病院東京災害医療センター(当時)で心臓血管の閉塞を治療するために経皮経管的冠動脈形成術(PTCA)を受けた患者が、冠動脈の穿孔のため出血し、結局、死亡してしまった。遺族らは、術者である医師に過失があったとし、6000万円余の損害賠償を求め提訴。裁判所は4月末、「術者の過失責任は免れない」と判断し、3600万円余の賠償を認める判決を下した。

 判決は、「手術中、当初見えていた側副血行路が消失しカテーテルが真腔を捉えていない可能性が高いと認識できた」、かつ、「その時点でバルーンをあえて拡張すべき緊急性も乏しかった」と認定。それにもかかわらず、バルーンを拡張し、冠動脈を穿孔して出血を招き、結果として患者が死亡したのは、「術者の過失責任は免れないものと判断せざるを得ない」と結論付けた。

■診療経過(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正