2005.06.13

ライオン、女性の薄毛の原因を解明

 ライオンは6月13日、女性の薄毛を引き起こす原因のひとつとして、女性ホルモンの減少が発毛促進にかかわる遺伝子発現を低下させることとその機序を解明したと発表した。研究成果は、今年6月15日に東京国際フォーラムで開催される「日本基礎老化学会 第28回大会」で発表する。

 女性では、30歳代に入ると女性ホルモンの分泌量が減りはじめ、40歳代には急減することが知られている。薄毛に悩む女性が増え始めるのも30歳代からで、40歳代になると薄毛に悩む女性が急増するとされている。このため、女性ホルモンの減少と薄毛には関連があると見られていた。

 ライオンは、発毛を促進するたんぱく質「BMP」(Bone Morphogenetic Protein:骨形成因子)の遺伝子発現の低下が女性ホルモン減少により引き起こされることを発見した。女性の毛髪の毛乳頭細胞を用いた培養系に、女性ホルモンを添加したものと添加していないものを用意し、BMPの遺伝子発現量を比較した。その結果、女性ホルモンを添加した培養系の方が添加していない培養系よりも、BMP遺伝子発現量の減少を抑えられたことを確認した。このことから、女性ホルモンが減少すると発毛を促進するBMPの生成が抑制されることが分かった。

 また、女性ホルモンには毛乳頭細胞内に存在するβ型女性ホルモン受容体「Estrogen receptor-β」(ER-β)の発現量を高める働きがあること、ER-βにはBMPの遺伝子発現を高める作用があることが分かった。

 ライオンは今後、この研究を生かしてBMPの減少を改善する成分を開発し、女性専用の発毛促進剤の開発を進めるとしている。

 ライオンのプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  3. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  4. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  5. 爪が少しずつ剥離していくんですが… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべ… インタビュー◎透析医学会の提言の背景にあるもの
  7. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 複数医師で外来、在宅をスムーズに回すコツは? 診療所経営駆け込み寺
  10. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正