2005.06.13

処方せんを読む、RA患者に処方された抗菌剤の効能(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年6月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「RA患者に処方された抗菌剤の効能」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 関節リウマチで20年以上治療を受けてきた46歳の男性Bさんが、総合病院のリウマチ科を受診した帰りに処方せんを持って薬局を訪れ、次のような質問をしました。

 これまでにいろいろな薬を飲んできましたが、いまだに指の関節の痛みが取れません。前回までの薬もあまり効かないようなので、今日から別の薬を出してみると先生に言われました。どのような薬なのでしょうか。副作用も心配です。

■処方せん
(1)アザルフィジンEN錠(500mg) 2錠
  ミノマイシン錠100mg 2錠
  ボルタレン錠(25mg) 2錠
  ムコスタ錠100 2錠
  分1 頭痛時頓用 5回分

(2)プレドニン錠5mg 2錠
  分1 朝食後 30日分

(3)マイスリー錠5mg 2錠
  分1 就寝前 14日分

*前回までBさんには、リウマトレックスカプセル2mgが週4カプセル処方されていたが、今回からミノマイシン錠に変更された。
*上記のほか、リマチル、リドーラ、メタルカプターゼの服用歴があり、滑膜切除術を3回施行されている。

Qミノマイシン(一般名:塩酸ミノサイクリン)が関節リウマチに効果を発現するメカニズムと関係が深いと考えられるのは、次のうちどれか。
(1) リンパ球増殖抑制作用
(2) 自己抗体産生抑制作用
(3) 抗菌作用
(4) TNF(腫瘍壊死因子)-α産生抑制作用
(5) 活性酸素除去・産生抑制作用

 答えは本誌2005年6月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正