2005.06.10

止まらない天天素被害、被害者は6月10日までに累計111人に

 厚生労働省は6月10日、「天天素清脂こう嚢」(てんてんそせいしこうのう、以下天天素)の健康被害者の報告数が111人(うち死亡1人)になったと報告した。天天素は向精神薬「マジンドール」や無承認無許可医薬品の「シブトラミン」、無承認の下剤成分「フェノールフタレイン」を含有する“ダイエット用健康食品”。インターネットのショッピングサイトやネットオークションなどで売買されていた。

 現在、天天素以外でも無承認無許可の医薬品成分を含有する健康食品が流通している。この事態を重く見た厚生労働省は、5月27日付けで検疫所長宛ての通知を発し、健康食品の輸入者などに対し、同省が公表している健康被害情報や無承認無許可医薬品情報の周知と、届け出の際、医薬品に該当するかどうかを確認するよう、徹底指導を呼びかけた。

厚生労働省の中国製ダイエット用健康食品等関連情報はこちらから。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:577
  2. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:57
  3. てんかん発作を感知し抑制するデバイス普及へ トレンド◎てんかんやパーキンソン病を電気刺激で治療 FBシェア数:160
  4. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  5. 飲酒量を減らす新薬セリンクロ、どう使う? トレンド◎治療目標に「飲酒量の低減」が加わったアルコール依存症治療 FBシェア数:17
  6. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:41
  7. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:374
  8. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:75
  9. 喘息の増悪で入院した患者に抗菌薬は無駄 JAMA Intern Med誌から FBシェア数:64
  10. 開業するのは誰のため?自分?それとも患者? 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正