日経メディカルのロゴ画像

2005.06.08

【再掲】ウイスキー樽由来のポリフェノールが細胞内ソルビトールの蓄積を抑制 サントリーなどが確認

 サントリーは、静岡県立大学、福山大学、京都府立医科大学と共同で、ウイスキー中の樽由来のポリフェノールであるエラグ酸が、アルドース還元酵素阻害活性を持ち、糖尿病合併症の発症に関わる細胞内ソルビトールの蓄積を抑制することを明らかにした。この研究は5月に開催された日本糖尿病学会で発表された。

 研究では、(1)ウイスキー中のアルドース還元酵素阻害活性成分の単離と構造決定に関する実験、(2)単離された化学物質が高グルコース下で赤血球ソルビトール蓄積阻害効果を持つことに関する実験――の2つが行われた。

 (1)の実験では、ウイスキー乾燥物をアルドース還元酵素の阻害作用を指標として分画を行い、活性物質を単離した。この物質の構造解析を行った結果、エラグ酸であることが明らかになった。

 一方、(2)の実験では、高血糖の場合、グルコースの代謝の過程でアルドース還元酵素によりソルビトールが生成し、それが糖尿病合併症を引き起こすと考えられていることに着目。エラグ酸を含む高濃度グルコース培地で、ラット単離赤血球を3時間培養した。また、同時にエラグ酸を含まない高濃度グルコース培地でもラット単離赤血球を3時間培養。その後、ソルビトールの蓄積量を定量した。その結果、エラグ酸存在下では、ソルビトールの蓄積量が抑制された。また、その抑制効果はエラグ酸の濃度が高くなるほど大きかった。

 サントリーでは、「こうした生理活性を持つ成分であるエラグ酸を含む食品であるウイスキーなどを長期摂取することにより、糖尿病合併症の発症が抑制される可能性がある」という。(武田京子、医療ジャーナリスト)



訂正 本文中で「エグラ酸」という表記がありましたが、誤りで正しくは「エラグ酸」(ellagic acid)」でした。お詫びして上記のように訂正します。