2005.06.08

吸入ステロイド剤使用中に出された抗真菌剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年5月号から、「疑義照会」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 大学教員の45歳の男性Yさんが、爪白癬治療のため自宅近くの皮膚科診療所を受診した帰り道に薬局を訪れました。Yさんは、3カ月ほど前から気管支喘息のため大学病院の呼吸器科に通院しています。併用薬について皮膚科医が知っているか確認すると、Yさんは次のように話しました。

 飲み合わせのことを気にしてくれているのですね。皮膚科の先生は特に何も言っていませんでしたが…。今使っているのは吸入剤だけですし、この薬は飲み薬ですから問題はないでしょ。

■処方せん
(1) イトリゾールカプセル50 8カプセル
  1日2回 朝夕食直後 7日分
*この患者には、大学病院呼吸器科から、パルミコート100タービュヘイラー(一般名:ブデソニド)1本1回1吸入1日2回、朝夕が処方されている。

Q1 Sさんに対するイトリゾール(一般名:イトラコナゾール)の処方にはどのような問題があるか。

Q2 疑義照会では、具体的にどのような提案をすべきか。

 答えは本誌2005年5月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  3. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  4. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  5. 爪が少しずつ剥離していくんですが… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべ… インタビュー◎透析医学会の提言の背景にあるもの
  7. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 複数医師で外来、在宅をスムーズに回すコツは? 診療所経営駆け込み寺
  10. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正