2005.06.07

東京都で、ダイエット食品「天天素」の健康被害が新たに2件

 東京都は6月6日、ダイエット食品「天天素 清脂こう嚢」が原因と疑われる健康被害の届け出が、6月1日と6月3日に計2件あったと発表した。

 被害に遭ったのは多摩地区在住の20代女性と10代女性。20代女性は4月中旬から1カ月間、天天素を服用し、めまいやふらつきなどの症状を訴えた。10代女性は5月27日から4日間服用し、悪心や倦怠などの症状を訴えた。いずれも現在では回復している。

 東京都内での天天素による健康被害は、5月26日発表の死亡例をはじめ、足立区、板橋区が公表の3例を含めた4例があった。今回の発表により6例となる。

 天天素からは、国内未承認の成分として肥満症の治療薬「シブトラミン」と下剤成分の「フェノールフタレイン」、向精神薬の「マジンドール」と生薬の下剤「ダイオウ」が検出されている。

 東京都では、健康被害を未然に防止するため、都民に対し、天天素を服用しないよう注意を呼びかけている。

 本件の発表資料はこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 69歳男性、失神 日経メディクイズ●心電図
  2. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  3. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  4. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  5. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  6. 1歳10カ月男児。食物アレルギー精査 日経メディクイズ●小児
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  9. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  10. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
医師と医学研究者におすすめの英文校正