2005.06.07

【解説】日常診療での「ヒヤリ・ハット」 与薬関連が40%、転倒・転落も18%超−−記述情報の分析から

 厚生労働省が取り組んでいるヒヤリ・ハット事例収集・分析事業(注)で、2004年5〜8月までに収集された1万4000例を超える記述情報の分析結果がこのほど公表された。それによると、与薬関連が40%ともっとも多く、転倒・転落も18%超だった。

 今回で第12回目となる記述情報の分析で、事例の報告に協力したのは506施設(前回は84施設)だった。収集件数は1万6878件(前回1914件)で、空白や重複件数を除いた有効件数は、1万4418件と急増した(前回1631件)。2004年4月に収集対象が全医療機関に広がったことから、事業への参加登録施設も1235施設に増加し、報告件数も従来の約9倍に上る事例が集まった。

 記述情報の分析については、記述情報検討班が担当している。その報告書によると、「与薬」「転倒・転落」「チューブ・カテーテル」などで発生件数が目立っている。これは従来の傾向と同様だという(表)。

 このほかでは、検査に関する事例も少なくなかった。例えば、検査の指示出しや指示を実施する過程で、医療関係者の間違いがあったため、患者が検査を受けられなかった事例や血糖測定を忘れたためインスリン注射が実施できなかった事例なども報告されている。

■表−発生件数が多い手技・処置

 与薬(点滴・注射、輸血)に関するもの 3015件 20.9%(全体に占める割合、以下同様)
 与薬(内服・外用、麻薬)に関するもの 2738件 19.0%
 転倒・転落、抑制に関するもの     2676件 18.6% 
 チューブ・カテーテル類に関するもの  1593件 11.0%
 検査に関するもの           1535件 10.7%
 食事、栄養に関するもの         591件 4.1%
 器機および器機操作に関するもの     460件  3.2%

 
 報告書では、重点項目を決めて分析も加えているが、今回は「与薬(内服・外用、麻薬)」「転倒・転落、抑制」「検査」「食事、栄養」「器機および器機操作」の5テーマを取り上げている(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正