日経メディカルのロゴ画像

2005.06.06

「競合施設増加で患者減」が3割以上(日経ヘルスケア21 e-定点観測)

 日経ヘルスケア21 e-定点観測(2004年10月号)を紹介します。今回は競合施設の状況について尋ねています。それによると、71.4%が「競合が増加」と回答、その約半数(全体の34.3%)が患者減に見舞われたと答えていました。勝ち残りの手段としては診療のレベルアップが最も多く、次いで説明・情報開示の充実でした(ただいま全文を閲覧できます。こちらかどうぞ。pdfファイル)。