2005.06.03

カネボウ化粧品、皮膚のバリア機能高める塩化レボカルニチンを開発

 カネボウ化粧品は5月30日、脂肪の燃焼効果がある「L-カルニチン」の塩化物「塩化レボカルニチン」を開発し、新規医薬部外品有効成分として、このほど厚生労働省の承認を得たと発表した。塩化レボカルニチンは皮膚に浸透するとL-カルニチンとなり肌荒れ・荒れ性に効果を発揮するという。

 L-カルニチンは脂肪の代謝に必要な物質で、食物から吸収されるほか、体内でも生合成される。脂肪燃焼促進効果があるとして、サプリメントとしても注目されている。

 皮膚においても、L-カルニチンが脂肪酸の燃焼を促し、表皮細胞が顆粒層から角質層に変化するためのエネルギーを供給すると考えられている。L-カルニチンが減少すると、角質層を形成するためのエネルギー供給が減り、肌荒れの原因になると考えられる。同社では老化に伴って皮膚中のL-カルニチンが著しく減少することを明らかにしている。

 同社では老化した塩化カルボニチンを塗布した場合、表皮の脂肪燃焼(β酸化)が高まり、表皮のバリア機能に必要な角質層の細胞間脂質が増加し、肌荒れに対する抵抗性が高まることを確認した。さらに乾皮症(ドライスキン)の人に対して塩化レボカルニチン配合剤と無配合剤を塗布したところ、配合品では無配合品に対し、角質水分量の増加など皮膚機能の有意な改善が得られたという。

 こうした研究を踏まえ、同社は塩化レボカルニチンを配合したスキンケア商品を、今秋にも商品化する予定としている。

 本件についてのプレスリリースは、こちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:488
  2. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:193
  3. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:108
  4. ディレグラ処方の査定にご注意を! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:50
  5. 「病院を大津波が襲った日」を今改めて読む意味 記者の眼 FBシェア数:47
  6. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:24
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その2) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  8. マニキュアを取ったら爪が緑色に!? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:10
  9. 高齢者の尿路感染症には速やかな抗菌薬が有効 BMJ誌から FBシェア数:63
  10. 世界初、iPS細胞による脊髄損傷の臨床研究開始 インタビュー◎iPS細胞由来の神経幹細胞移植で機能改善を目指す FBシェア数:181
医師と医学研究者におすすめの英文校正