日経メディカルのロゴ画像

2005.05.27

目のクマにカシスが効いた! クマの黒さが90分後に約5%改善

 カシスポリフェノール入りの飲料をのむと、目の下のクマが改善する――。
 神戸大学名誉教授の市橋正光氏と明治製菓の共同研究の成果が、5月25日に発表された。これは、カシスポリフェノールが目の下の血流を改善し、クマが薄くなるためと推定されている。カシスは眼精疲労や肩こり、冷えなどの改善効果が臨床試験で確かめられていたが、美肌効果もあることが新たにわかったことになる。

 目の下のクマは女性の悩み。疲れがたまった日や徹夜明けの朝、鏡を見ると目の下にクマ……。あわてて、コンシーラーなどの化粧品で隠す女性も少なくない。

 クマの主な原因は血行不良とみられており、目の周りを軽くマッサージすると改善を期待できるが、やや面倒だ。皮膚の老化に詳しい市橋名誉教授は、「これまでクマを消すための決定的な方法はなかった」と話す。

 試験は30〜45歳(平均35.4歳)の女性33人を対象に、カシス飲料(カシスポリフェノールを130mg含む)とプラセボ飲料を飲んでもらい、15分後、30分後、60分後、90分後の顔面の血流量の変化を調べた。

すると、15分後から血流は有意にアップし、90分後には血流が平均で約10%アップした。

 実際に顔色を測定すると、プラセボ飲料と比べて15分後から目の下の黒ずみが有意に減り始め、90分後には黒ずみが約5%減っていた。
 顔の赤みも60分後から有意に増し、90分後には約3%増えた。つまり、クマが薄くなり、顔色が少し良くなったといえる。クマの色をカラーチャートで測定したところ、66部位(33人の左右のクマ)中44部位で改善があったという。

 結果について、明治製菓食料健康総合研究所の松本均主任研究員は、「15分後から効果が出始めるのは、カシスポリフェノールの一種であるアントシアニンが胃で吸収されるからだろう。その結果、血流が改善し、新鮮な血液が、目の下に停滞していた血液と置き換わってクマが改善すると考えている」とする。

 市橋名誉教授は、「これだけ短時間に皮膚の血流を良くしてクマを改善する作用のあるものは、これまでになかったのではないか」と話す。

 さらにカシスは、ポリフェノールを多く含むブルーベリーやぶどう種子と比べて、血流改善効果が高いことを、別の試験で確認したという。血流改善の継続時間もブルーベリーより長く、「少なくとも4時間は持続する」と松本主任研究員は話す。

 なお、カシスの最新の健康効果について、「日経ヘルス」7月号(6月2日発売予定)で詳しく紹介している。(黒住紗織、日経ヘルス