日経メディカルのロゴ画像

2005.05.25

オリンパスメディカルシステムズ、経鼻挿入可能な上部消化管汎用ビデオスコープを発売

 オリンパスメディカルシステムズは先端部外径が4.9mm、挿入部外径が5.2mmで経鼻挿入可能な上部消化管汎用ビデオスコープ「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープOLYMPUS GIF TYPE N260」を6月30日に国内で発売する。

 高画質を狙うため、先端部外径が9mmの上部消化管汎用ビデオスコープ「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープOLYMPUS GIF TYPE XP260」と同じCCDを採用している。XP260と比べ、用途ライトの数が2つから1つに、鉗子のチャネル内径が2.8mmから2mmに、そして湾曲する方向が4方向から2方向に簡略化してある。

 本体価格は262万5000円。内視鏡検査を行うにはオリンパスメディカルシステムズ製の内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS2000」「EVIS240」「EVIS LUCERA」のいずれかのビデオプロセッサー、高輝度光源装置、ビデオモニターとの接続が必要になる。

 N260のプレスリリースはこちらで入手できる。(田村嘉麿)