日経メディカルのロゴ画像

2005.05.24

【データを見る】 都道府県別に見た医師給与

 「地方公営企業年鑑2002年度版」をもとに自治体病院の医師の給与動向を調べてみた。都道府県別の医師給与(平均給与月給)をみると、北海道がもっとも多く、161万円を超えていた。もっとも少なかったのは東京都で、103万円だった。両者の開きは、60万円近くに広がっていた(図参照)。

 北海道に次いで多かったのは、岩手県で152万円だった。新潟県も152万円でここまでが150万円以上だった。これに沖縄県が147万円で続いた。

 次のグループは、130万円台で、島根県、長野県、山形県、福井県、鳥取県、青森県、長崎県などが並んでいる。

 120万円台は18県で、茨城県の129万円を筆頭に、滋賀県の128万円、千葉県の128万円と続き、福島県や静岡県、群馬県の120万円に至っている。

 120万円を切っているのは、埼玉県、広島県、高知県、岐阜県、福岡県、秋田県、山梨県、愛知県、大阪府、兵庫県など。京都府と奈良県と東京都は110万円も割り込んでいた。

 全国平均は126万円で、表に見るように、北海道から石川県までの15道県が平均以上ということになる。

 全国平均以上のグループに、北海道・東北から4道県が入っている点が特徴の1つで、概して医師不足が深刻化している地方ほど、医師の給与が高いことが見て取れる。(三和護、医療局編集委員)

■関連トピックス
◆ 2005.4.15 データを見る】 4年連続で下がり続けた医師給与