2005.05.24

【リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」

 MedWaveは日本リウマチ学会の開催を機に、「リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005」を実施した。MedWaveの会員医師に調査への協力を求め、5月12日までに101人から回答を得た。調査では、2004年4月に公表された「関節リウマチの治療ガイドライン」について尋ねたが、「使っている」人のうち半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」と回答した。

 調査ではまず、日常診療で「関節リウマチの治療ガイドライン」を参考にすることがあるかどうかを尋ねた。その結果、「年数回」が20.8%、「月に1度ぐらい」が14.9%、「週に1度ぐらい」が12.9%だった。「ほぼ毎日」は4%あったが、一方で「年数回以下」も9.9%だった(図1)。なお、「使ったことがない」が37.6%だった。



 以下、ガイドラインを使ったことがある人(n=63)を対象に解析した。

 ガイドラインの使用目的については、「治療法の確認」が76.2%ともっとも多く、「患者への説明」の50.8%と「診断方法の確認」の47.6%が続いた(図2)。「医師の教育」は9.5%で、「その他の医療スタッフの教育」の11.1%より少なかった。



 使用している人にガイドラインによって診療の内容が変わったかどうかも尋ねたが、「大きく変わった」が3.2%、「少し変わった」が50.8%と、合わせて54%で半数以上が何らかの影響を受けたことをうかがわせた(図3)。



 ガイドラインの満足度を尋ねた質問では、「ほぼ満足」が63.5%もあり、「満足」の4.8%と合わせると、68.3%が満足していた(図4)。



 ガイドラインの不満な点を選択肢から選んでもらったところ、「日本人でのエビデンスが乏しい」が36.5%あり、「分量が多くて読み通すのが大変」も33.3%で、この2項目が30%を超えていた(図5)。「最新版であるのかどうか分かりにくい」も28.6%で、「高価である」27.0%、「入手しにくい」22.2%と続いた。

 「日常診療での実施が難しい」が19.0%、「自分の患者に当てはまらないことが多い」も17.5%あり、もっとも多かった「日本人でのエビデンスが乏しい」と連動していた。



 (まとめ;三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
医師と医学研究者におすすめの英文校正