日経メディカルのロゴ画像

2005.05.20

えっ! 表示の半分しか入ってないCoQ10サプリも?! 品質評価機関の米コンシューマーラボ、日本で活動開始

 サプリメントの品質を評価し、結果を公表する米コンシューマーラボ社が日本に上陸した。

 第1弾として検査した日本のCoQ10サプリメント12製品の検査結果を、5月17日に東京流通センター(東京・大田区)で開催された「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ・ジャパン2005」のセミナーで発表した。

 12製品中11製品の品質には問題なかったが、「含有量がラベルに表示された量の約半分しかない商品が1つあった」と、結果を発表した同社のエレナー・ユー日本担当マネージャー。

 5月末に公表予定の高麗(こうらい)ニンジンについては、調査した14製品のうち、「農薬が多量に混入していたり、有効成分が不足していたりなど、大多数が不合格になった」という。

 こうした試みは国内初。日本のサプリメント市場に、少なからず影響を与えそうだ。同社は既に米国で250ブランド・1200製品以上のサプリメントの評価を行った実績を持つ。

 評価の対象となるのは、メーカー側が自主的に評価を依頼した商品と、同社が市場から選んだ商品。評価を依頼した場合は検査料が必要になる。

 ただし、依頼の有無に関わらず、検査にかける商品は同社が店頭で購入したものに限る。メーカーからのサンプル提供は受けないことで、公平性を担保しているという。成分ごとに専門の検査機関に分析を依頼し、品質を評価する。

 メーカーが依頼した商品については、同社の閲覧無料のサイトで情報を公開することで、「ユーザーへの宣伝効果も期待でき、メディアからの注目も集まる」(ユー氏)。試験に合格したその他の製品については、同社の有料サイトに結果を掲載している。

 不合格になった製品についてはどうなるのか。「当面、結果の公表は控える」とユー氏。市場の反応を見て、不合格の製品についても情報提供の方法を検討する考えだ。

 なお、こうしたサプリメントの評価システムについては、「日経ヘルス」6月号で詳報している。(小山千穂、日経ヘルス