2005.05.20

日本メナード化粧品、αリポ酸サプリを発売 ビタミンEも配合、血管の弾力性改善をヒト試験で確認

 コエンザイムQ10に続く話題のサプリメント成分α(アルファ)リポ酸。抗酸化力が強く、体や肌を活性酸素の害から守る効果などがある。

 もとは医薬品成分だったが、2004年6月から食品への利用が可能になったことで、αリポ酸サプリメントが急増している。

 今回、日本メナード化粧品は、αリポ酸にビタミンEを配合した「VEアルファリポ酸」を6月21日に発売する。

 同社は、αリポ酸とビタミンEをそれぞれ単体で摂取するより、両者を一緒に摂取する方が血管の弾力性が高まることをヒト試験などで確認した。

 同社はまず、ヒトのLDLコレステロールを用いて、(1)ビタミンE単体、(2)ビタミンE+αリポ酸によって、活性酸素によるLDLの酸化をどれだけ防ぐかを調べた。

 その結果、E単体では酸化LDLの発生を18%抑えたのに対し、E+αリポ酸(投与量はビタミンEと同量)では抑制率は94%になった。「それぞれを単体で使用するより、両者を一緒にしたほうが、抗酸化力が高まることを意味する」と同社の高木寛主任研究員。

 次に、実年齢より血管が老化している男女10人(平均年齢48歳)を対象に、ビタミンE+αリポ酸のサプリメントをのんでもらい、血管の弾力性の変化を調べた。血管の弾力性は、指先の血管の脈波をもとに算出する血管弾力指数を用いた。

 その結果、服用前の血管弾力指数は平均9だったが、ビタミンE+αリポ酸を2カ月間のみ続けた後は37に高まった。これは、“血管年齢”が20歳近く若返ったことを意味するという。

 VEアルファリポ酸は、αリポ酸100mg、ビタミンE50mgのほか、ビタミンC500mgを含む。180粒入りで6300円。

 なお、αリポ酸は生活習慣病対策サプリとして有望なほか、最近は抗抗酸力が強いことから、シワやシミなど肌のアンチエージング対策成分としても注目されている。また、硫黄化合物でもあるため、体内にたまる有害な重金属の体外排出を促す“解毒サプリ”としても利用されそうだ。(黒住紗織、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正