2005.05.09

CDCがディートに加えユーカリオイルとpicaridinを長時間効果のある虫よけ剤に追加

 米国疾病対策センター(CDC)は4月28日、虫よけ剤の使用に関する指針を改め、長時間にわたって蚊をよせつけない効果があるものとして、これまでのディート(ジエチルトルアミド)に加え、レモンユーカリオイルとpicaridinを認めた。これまでの研究結果から、それぞれディート入りの虫よけ剤に近い効果が確認されたという。CDCでは、効果の認められた虫よけ剤の選択肢が増えたことで、使用が促進され、西ナイルウイルスへの感染予防対策が進むと期待している。

 CDCによると、picaridin入りの虫よけ剤は、ディートを同程度の濃度含んだものと比較して、同等の効果があるとしている。ユーカリオイル入りの虫よけ剤は、低濃度のディートを含む虫よけ剤に近い効果があるという。

 CDCでは、西ナイルウイルスをはじめとする、蚊を媒介とした感染症を警戒している。CDCのJulie L. Gerberding氏は、「ディート、picaridin、レモンユーカリオイルのいずれかを含む製品はどれも非常に良い選択だ」とし、外出時には虫よけ対策を忘れずにすることが重要だ、と語った。

 詳しくはCDCのニュースリリースを参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “億ション”を買い、すぐギブアップした研修医 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  2. 「2191人の無給医」より驚いたこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 医師としての“衰え”は50代前半から 医師1000人に聞きました
  4. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  5. 研修医たちよ、医学書をいきなり買いあさるな! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 消費税増税に向けて政府が残した「抜け道」 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  7. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から
  8. PPIの長期使用は死亡リスク上昇に関係する BMJ誌から
  9. 今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  10. ぶっちゃけ、いまいちなジュニアNISA Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
医師と医学研究者におすすめの英文校正