日経メディカルのロゴ画像

2005.05.09

CDCがディートに加えユーカリオイルとpicaridinを長時間効果のある虫よけ剤に追加

 米国疾病対策センター(CDC)は4月28日、虫よけ剤の使用に関する指針を改め、長時間にわたって蚊をよせつけない効果があるものとして、これまでのディート(ジエチルトルアミド)に加え、レモンユーカリオイルとpicaridinを認めた。これまでの研究結果から、それぞれディート入りの虫よけ剤に近い効果が確認されたという。CDCでは、効果の認められた虫よけ剤の選択肢が増えたことで、使用が促進され、西ナイルウイルスへの感染予防対策が進むと期待している。

 CDCによると、picaridin入りの虫よけ剤は、ディートを同程度の濃度含んだものと比較して、同等の効果があるとしている。ユーカリオイル入りの虫よけ剤は、低濃度のディートを含む虫よけ剤に近い効果があるという。

 CDCでは、西ナイルウイルスをはじめとする、蚊を媒介とした感染症を警戒している。CDCのJulie L. Gerberding氏は、「ディート、picaridin、レモンユーカリオイルのいずれかを含む製品はどれも非常に良い選択だ」とし、外出時には虫よけ対策を忘れずにすることが重要だ、と語った。

 詳しくはCDCのニュースリリースを参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)