2005.05.09

4月19日死亡のカンボジア人女性、トリインフルエンザ感染を確認、同国で4例目

 世界保健機関(WHO)によると、カンボジア保健省は5月4日、ベトナムの病院で4月19日に死亡した20歳のカンボジア人女性がH5型インフルエンザウイルスに感染していたことを確認したと発表した。この女性はカンボジア最南部でベトナムのメコンデルタ地域に国境を接するKampot県の出身で、中学校の生徒だった。

 カンボジアで今年、H5ウイルス感染が確認された他の3例もすべてKampot県在住者で、すべて死亡している。感染者は8歳の少女と28歳の男性、25歳の女性で、4人のうち3人が成人だった。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正