日経メディカルのロゴ画像

2005.04.28

永谷園、健康食品分野に参入 第1弾は、女性向けの梅干しドリンク

 永谷園は、同社初の健康食品として、梅干しを使用したドリンク剤「梅ぼし飲みたい」を5月23日に発売する。
 梅干し約6個分のクエン酸2000mgと、梅に含まれる血液サラサラ成分のムメフラールを配合した酸味の強い飲料。ストレスから来る心身の疲れを感じている20〜30代の働く女性をメーンターゲットとする。

 健康食品の分野では、「栄養ドリンク、特に女性向けドリンク剤が伸びている」(同社開発部商品開発第1・第2・第3グループ統括の矢島幸一部長代理)ことに着目して商品開発を行ったという。

 梅干しは、同社が加工食品分野で長年扱ってきた食材で、「女性の7割が梅干しの味を好むという市場調査の結果もある」(矢島部長代理)。これらを背景に、健康食品分野の第1弾商品の素材として梅干しを選んだ。

 「梅ぼし飲みたい」は1本50mL入りで190円(税抜き)。カロリーは1本26kcal。全国のコンビニエンスストアやドラッグストアを中心に販売する。

 同社は今後2、3年をめどに、健康食品分野で第2弾、第3弾の商品を発売する考え。(小山千穂、日経ヘルス