2005.04.27

処方せんを読む◇ジスロマックの用法・用量は適切か(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年4月号から、「処方せんを読む◇ジスロマックの用法・用量は適切か」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 22歳の女性Mさんが、総合病院からの処方せんを持って薬局を訪れました。今回処方された薬剤の服用法を説明していると、Mさんは次のような質問をしました。

 そういえば、このジスロマックという薬はこの前、かぜをこじらせたときにも飲みました。でも、その時は2錠ずつ3日間飲むと7日間効き目が続く薬だと説明されました。今の「一度に4錠を1日だけ飲む」という薬剤師さんの説明は間違っていませんか。それとほかの薬局でもらった片頭痛の薬を飲んでいるのですが、飲み合わせに注意するよう言われた記憶があります。大丈夫ですか。

■処方せん
(1) ジスロマック錠250 4錠
    1日1回 夜 1日分
*この患者には、内科診療所からカフェルゴットが処方されている。


Q Mさんへの対応として、適切なのは次のうちどれか。

(1) ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)の用法・用量の指示が誤っている可能性が高い。しかも、ジスロマックとカフェルゴット(一般名:酒石酸エルゴタミン)との併用は禁忌となっているため、疑義照会する。

(2) ジスロマックは性感染症の治療の場合、1000mgの単回投与となるため、処方せんの指示は正しい。ただし、ジスロマックとカフェルゴットとの併用は禁忌となっているため、疑義照会する。

(3) ジスロマックは性感染症の治療の場合、1000mgの単回投与となるため、処方せんの指示は正しい。ジスロマックとカフェルゴットとの併用も問題ないため、指示通りの服用を指導する。

 答えは本誌2005年4月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正