日経メディカルのロゴ画像

2005.04.25

【日本リウマチ学会2005ダイレクトから】 4月17〜22日に最も読まれた記事は、「投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡 レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告」

 日本リウマチ学会で注目の発表をご紹介している「第49回日本リウマチ学会総会・学術集会ダイレクト」で、4月17〜22日に最も読まれた記事は、「投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡 レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告」でした。以下に、注目度ランキングを掲載します。どうぞご活用ください。(MedWave編集部)

第1位  投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡、レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告

第2位  RA骨粗鬆症の骨折予防にはアレンドロネート、リセドロネートが有効

第3位  RAの骨折、「疼痛あるが単純X線上異常なし」が36%、日常動作による脆弱性骨折が7割占める

第4位  リウマチに関する医療費は年々増加、だが積極的な治療は長期的に医療費削減につながりうる

第5位  MRIと血清マーカーを組み合わせた基準案、早期関節リウマチの鑑別診断に有用

第6位  レフルノミドの肺障害、早期発見のポイント 呼吸器症状・発熱・リンパ球減少・CRP再上昇に要注意

第7位  日本リウマチ学会賞など、6つの賞の受賞者決まる

第8位  MTX抵抗性多関節型若年性関節リウマチに、エタネルセプトの短期的投与が有効

第9位  70歳以上で発症した関節リウマチの特徴が明らかに

第10位  関節リウマチを疑うが診断基準を満たさないとき、抗CCP抗体陽性であれば抗リウマチ薬治療を開始すべき