2005.04.23

Q&A 刑事訴訟と民事訴訟の違いを教えてください

 第1回講義「刑法と民法はどう違うのか」で、刑事上の責任と民事上の責任の違いについて解説しました。今回は刑事訴訟と民事訴訟について、ポイントをまとめました(表参照)。

 刑事訴訟では、刑法に定められた業務上致死傷罪の有無が焦点となります。ここで「有罪」となった場合、「5年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金」が科されます。

 また刑事訴訟では、警察官や検察官に「強制的な捜査」を行う権限があり、集めた証拠によって犯罪の有無が立証されます。

 一方、民事訴訟では、民法に基づき、損害賠償義務があるのかないのかが問われます。損害には、財産的な損害と精神的な損害があります。また、損害が認められる場合は、賠償すべき具体的な金額が問われます。

 訴訟では、患者側と医療側がまったく対等な立場に立っていることが基本です。その上で、双方が当事者として互いに集めた証拠をぶつけ合い、損害賠償義務の有無を争うことになります。

(まとめ;三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正