日経メディカルのロゴ画像

2005.04.22

【日本リウマチ学会2005速報】 白血球除去療法は腸管ベーチェット病にも効果あり

 これまで、潰瘍性大腸炎やクローン病に対して有効との評価が確立している白血球除去療法(LCAP)が、難治性の腸管ベーチェット病に対する治療法としても有望である可能性が示された。国立国際医療センター膠原病科の長汐千秋氏が、4月19日のポスターディスカッションで1症例を報告した。

 患者は31歳の男性で、14歳時に腸管ベーチェット病を発症した。ステロイド、サラゾスルファピリジン、メサラジンなどによる治療によっても寛解を維持できず、再燃を繰り返していた。腸の広範囲の炎症による発熱、腹痛を来し、緊急入院となった。

 入院後、ステロイドの増量だけでは炎症反応は改善せず、メトトレキサートなどによる薬物治療も効果はなかった。このため、LCAPを実施したところ、1回目のLCAP後すぐに体温が平熱に戻り、腹痛も改善した。4日後には鎮痛薬の投与を中止できるなど、著明な効果がみられた。

 ただし、経口摂取を開始すると再び軽度の腹痛が出現、計5回のLCAPのうち、4回目以降は効果がやや落ちる傾向にあった。長汐氏は、「難治例で、現在まで2カ月寛解状態を保っているので有効と考えられる。LCAPの前後で白血球数やその分画を調べたところ、有効だった回では白血球数の増加と桿状核球の増加がみられた。今後、LCAPがなぜ効果を示したか、作用機序を検討したい」としていた。(小又理恵子)