2005.04.20

フルマラソン完走者の1割強が低ナトリウム血症 4時間超えるとリスクは7倍、積極的な塩分摂取も必要か

 フルマラソンを完走したランナーの1割強が、レース後に低ナトリウム血症を発症していたことがわかった。4時間を超える走行時間などがリスク因子になるという。米Harvard Medical SchoolのChristopher S.D. Almond氏らが、2002年のボストン・マラソン走者766人を対象に調査を行った結果、明らかになったもの。New England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年4月14日号に掲載された。低ナトリウム血症はマラソン走者のレース関連の死因の一つと考えられているが、その罹患率について明らかにした研究はこれが初めてという。

 Almond氏らは、ボストン・マラソンのゴール地点で、被験者のうち488人から有効な血液サンプルを採取した。そのうち62人にあたる13%が、血清ナトリウム値が135mmol/L以下と、低ナトリウム血症だった。このうち血清ナトリウム値が120mmol/L以下と、深刻な低ナトリウム血症を起こしていたのは0.6%(3人)だった。

 リスク因子として明らかになったのは、レース後の体重増加(オッズ比4.2、95%信頼区間:2.2〜8.2)、走行時間4時間超(走行時間3時間30分未満に対するオッズ比7.4、同:2.9〜23.1)、肥満指数20%未満(肥満指数20〜25%に対するオッズ比2.5、同:1.1〜5.8)だった。

 本論文の原題は、「Hyponatremia among Runners in the Boston Marathon」。アブストラクトはこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正