2005.04.20

新刊紹介:「医薬品マーケティングの基本戦略」

 マーケティングとは、「求められるものと求める人を結びつける技術」だと言うことができます。物々交換しかなかった大昔ならいざ知らず、お金を払えば地球の反対側にある製品も購入できる現代社会は、マーケティングなしでは成り立ちません。患者のために必要な治療を選択して実施する医療行為も、広い意味では立派なマーケティングの実践例ということができます。

 医薬品マーケティングには、必要な薬と患者を結ぶという重要な役割があるはずなのに、なぜ活発な議論が起こらなかったのでしょうか。それは、常に副作用のリスクを伴うという商品特性、医師や薬剤師を介さなければ購入できないという特殊な流通経路、自由に広告すらできない様々な法律上の規制、など他産業にはない複雑な事情があるためでした。

 しかし、著者の一人であるミッキー・スミス氏は、40年の経験を経て「医薬品マーケティングには他の分野と同様に原理が存在する。複雑な環境要因のために、それが通用しないように誤解されているだけだ。本書では原理と実践について書いた」と述べています。良い薬をそれが必要な患者に届けられるように、医薬品企業が会社として生き残れるように、本書からグローバル時代の医薬品マーケティングをくみ取ってください。(日経メディカル別冊編集部)

定価(4800円+税)
発行:日経BP社
発売:日経BP出版センター
2005年3月22日発行
ISBN4-8222-1118-5

ご注文はこちらからどうぞ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正